トップCFTについてCode for って?

Code for って?

まず Code for 〜 とは

市民参加型のコミュニティ運営を通じて、地域の課題を解決するためのアイディアを考え、テクノロジーを活用して公共サービスの開発や運営を支援していく「シビック・テック」を推進する団体。

 

CfA_logo_lg.png


https://www.codeforamerica.org/  

発祥は「行政サービスが貧弱な」アメリカ。貧弱すぎて市民が立ち上がった!
提案型でシステムを改善したり、行政機関に派遣されたり、いろいろ効率化を進める事業を行っている。

 

 

 

japan.png


http://code4japan.org/

それを日本に輸入しようとしているのが非営利社団法人Code for JAPAN。
日本も行政コストをかけられなくなる時代が来ている。
理事と運営は「最先端で動きの軽い」IT企業出身、または現役の人。

 
 

other.png


http://code4japan.org/brigade  

地元密着型で県や市単位に団体が作られる。現在47団体。
JAPANや各地と連携はあるが、活動の制限は無くわりと自由。

 

 

 

で、Code for Tokushimaとは

1.徳島で、市民参加型のコミュニティ運営を通じて 2.地域について語り、アイディアを出し合い
3.テクノロジーを活用して公共サービスの開発や運営などを行い
4.徳島の地域特性に根差した課題を解決する
5.任意団体 法人化の予定はあり

メンバーは20名構成。
エンジニア中心で、それ以外もなんらかの専門性を持つ人の集まり。

メンバーや取り扱って欲しいテーマについて、随時募集中!

このページの先頭へ